車は買った所で売る方が良いの?

自動車の売却を補助するカー・インフォメーションサイト

自動車の売却先と業者が利益を上げる業界構造

業者へ自動車を下取や買取の形で売却した際に、売却額が安すぎると感じたことはありませんか。 実は自動車の売却は非常に業者側に有利な構造が構築されており、その影響は自動車の売却額にも及びます。 自動車を売却する前に基本的な要点と相場基準が分かりにくい理由を知っておきましょう。

中古車販売店へ車を売る場合

最もオーソドックスな自動車の売却先となる、直営中古車販売店や一般中古車販売店のようなメジャーな中古車販売店での自動車の売却について基礎的な部分を理解しておくだけでも、悪質業者に引っ掛かることを抑止し、自動車を安全に売却できる可能性を高める効果が期待できます。

販売店を利用する長短と第三者を介さない取引

自動車の売却において最も有力な売却先である中古車販売店ですが、業者による経営がなされているがために、メリットもあればデメリットもあります。 中古車販売店を利用するに当たってのメリット・デメリットを押さえた上で、個人による取引との比較を行いました。

自動車を売るに当たって

自動車の売却先として知名度が高い取引先は、メーカー直営中古車販売店と一般中古車販売店のツートップであり、それに次ぐ形で、中古車直接売買店や専門車売買店が続きますが、これらメジャーな売却先以外にもブローカー・オークションといった、見聞きしたことはあるかも知れないものに加え、かなりマイナーなところだと町工場などがある他、友人・知人間での取引、廃車寸前で値段がつかない場合に鉄屑としての売却が見込めるスクラップ回収業者など、実は自動車の売却先は多種多様です。

その一方で、各販売店やブローカー及び町工場への売却、オークションでの売却といった専門家が介する余地のある売却方法においては、中古車相場を業者側しか知らないという共通項があり、利用者にとって有利に働くことはまずないことから、売却先のバリエーションに反し、自動車の売却額には大きな差が出にくく、業者側が利益を上げやすい業界構造が構築されていると言えます。

例外的な売却先である、友人・知人やスクラップ回収業者に関しても、友人にしろ、知人にしろ、無理に売却益をあげようとして人間関係を壊すリスクが割に合うという方はごく少数でしょうし、スクラップ回収業者に至っては、そもそも販売店等で値段がつかなかったことを鑑みれば、高額での買取は望めません。

現状の業界構造が続く限りは、業者有利が覆ることはまずありませんので、安全性を取るなら直営中古車販売店を利用し、多少の売却益増を望むにしても各種販売店の利用に留め、ブローカーやオークションのような専門知識を要する売却方法は避けた方が無難でしょう。