自動車の売却を補助するカー・インフォメーションサイト

>

自動車の売却先と業者が利益を上げる業界構造

自動車を売るなら知っておきたい基本事項

お手持ちの自動車を買い替え目的で手放すにしろ、完全な売却目的で手放すにしろ、できる限り高額で買取ってもらいたいと思われる方が多いでしょうし、それはごく当たり前のことです。

逆に言えば、自動車を買取る側は、利益を上げるためにできる限り安く買い取りたいと考えていることもお分かり頂けるでしょう。

つまり、自動車を売るに当たって、最優先で理解しておかなければならないポイントは、業者側の自動車の高価買取という謳い文句を真に受けないことと、値下げの論拠を与えないこと、即ち、汚れをはじめとした個人でも容易に対応可能な部分を徹底して清掃・整備してしまうことにより、業者側に値下げの余地を与えないことの二点に尽きます。

自動車の相場は海外基準

自動車の下取や買取を経験された方ならご存知かもしれませんが、自動車の下取価格や買取価格は変動制で常に値動きがあり、業者はその相場に則って下取価格なり買取価格なりをつけるのが一般的です。

では、その価格の基準となる価格相場がどこで決まっているのかというと、日本の中古車にとって最大の市場である海外市場に他なりません。

中古車売買に携わっている方ならいざ知らず、一般の方が中古車の相場、それも国内相場ならまだしも海外相場など知っていることの方が稀でしょう。

これが意味するところは、中古車販売において利用者側は圧倒的に不利な条件下での取引を余儀なくされているという現状であり、業者への自動車売却に際して高額を引き出すことの難しさと言い換えることもできます。


この記事をシェアする