自動車の売却を補助するカー・インフォメーションサイト

>

中古車販売店へ車を売る場合

安全と安定が売りの直営中古車販売店

自動車を売却する相手として、専門の業者は非常に手強く、利用者にとってはアウェイ、業者にとってはホームという業者側に圧倒的に有利な状況での交渉を強いられるはめになるわけですが、それが必ずしも悪いことであるとは限りません。

なぜなら、中古車販売店、中でも有名メーカーによる直営中古車販売店は、取引においての安全性と安定性において間違いなくトップレベルだからです。

主な理由は、事業規模の大きさゆえの信用の重要性であり、事業規模が大きければ大きいほど、社会的な信用を得て継続的な顧客を獲得しなければ経営が成り立たないために、過度に不当な交渉を行い利用者に悪評を広められると業者自身の首を絞めかねないことから、業者にとっての利益に直結する分、信用が置けます。

よって、自動車を安全かつスムーズに売却したいのなら、直営中古車販売店はベターであると言えるでしょう。

一般中古車販売店は直営店よりもお得?

できるだけリスクは抱えることなく、五千円や一万円でも高く自動車を売却したいのであれば、一般中古車販売店を利用してみるのも手段の一つでしょう。

業者の大小が入り乱れている上にその質も玉石混淆の状態で、お世辞にも直営中古車販売店への売却よりも安全であるとは言えませんが、有名メーカーのように広告やCMに予算を割く必要が無い分、買取において直営中古車販売店よりも多少ながら余裕があるため、若干なりとも高値での買取が望めるという点に置いては、一般中古車販売店に分があります。

もっとも、直営中古車販売店に比べると自社利益の追求のみに腐心する業者や悪徳な業者が爆発的に増加するため、安全性と安定性において後れを取ることは、あらかじめ理解しておかなければなりません。


この記事をシェアする