自動車の売却を補助するカー・インフォメーションサイト

>

販売店を利用する長短と第三者を介さない取引

販売店での売買のメリット・デメリット

自動車販売店や中古車販売店への自動車の売却方法には、通常、下取と買取の二通りがありますが、シンプルに言うと、自動車の購入と売却をセットで行うのが下取で、自動車の売却のみを行うのが買取となり、両者の違いは新しい自動車の購入店に古い自動車を売却するか否かの一点に集約されます。

一見すると大差ないもののように見えるかも知れませんが、下取は安全に自動車を売却できるメリットと売却額が安いというデメリットが、買取には下取以上の価格での売却が見込めるというメリットと価格相場の変動が激しいため売却に際して即断即決を迫られるといったデメリットがあり、自動車を売却する利用者が業者に求めるものが柔軟さであるなら下取が適し、売却益であるなら買取が望ましいでしょう。

リスキーな個人による売買

業者を介することによって自動車の売却益が損なわれるのであれば、個人でオークションに出すなり契約を交わすなりすれば良いのではないかとお考えの方がおられたのなら、その答えは是でもあり、非でもあります。

確かに業者への売却やブローカーへの売却とは違って第三者を介さないために、最大益を出せる可能性も無いことはないのですが、オークションであればオークションをとりおこなうノウハウを必要としますし、個人契約は友人や知人でもなければこぎつけること自体難しい上、人間関係まで考慮に入れると最大益を狙うのは非現実的でしかありません。

仮にオークションを開催し取仕切るだけの能力を有していたり、個人契約に伝手があったりしたとしても、業者やブローカーのような専門家を介していないので、売却後にトラブルが生じるケースまで考えると、自動車売却益を差し引いても割に合わないケースが少なくないのが個人での売却なのです。


この記事をシェアする